ヒアロディープパッチ 効果

MENU

ヒアロディープパッチを使うとどの位効果が期待できるのか!

ヒアロディープパッチといえば、ヒアルロン酸できた針(ニードル)です。

 

他の商品にはない大きな特徴だからですね。

 

この記事では、ヒアロディープパッチの大きな特徴から期待できる効果を確認していきます。

 

 

ヒアルロン酸ニードルとは?

 

いきなりヒアルロン酸ニードルと言われてもピンとこないかもしれませんね。

 

まずはヒアルロン酸からおさらいしてみましょう。

 

>>> ヒアロディープパッチ公式サイトの確認はこちらから

 

 

(1)ヒアルロン酸の役目

 

 

ヒアルロン酸はお肌の保湿成分で、ヒアルロン酸1グラムで6リットルの水分を蓄えることができる能力をもっています。

 

お肌の中では真皮に存在し、お肌の弾力を支えています。

 

真皮の70%はコラーゲンという繊維でできており、エラスチンという繊維とともに網目状のネットワークを作っており、この2つの繊維を結びつけているのがヒアルロン酸です。

 

ヒアルロン酸はゼリー状をしており、真皮の水分を守っています。

 

しかし、年齢とともにヒアルロン酸は減少していき、体内で新しく生み出されることはありません。

 

だから、年齢とともに肌の弾力がなくなり、シワとなってしまうんですね。

 

40歳以上の年齢になるとシワが増えるのはこのためです。

 

お肌の弾力性を復元するためには、肌内部からではなく、外から肌弾力を取り戻すことが必要となり、そのひとつの手段がヒアルロン酸注射なのです。

 

しかし、肌の外から肌内にヒアルロン酸を取り込むにはヒアルロン酸注射を行う必要がありますが、美容整形の一種ということもあり金銭面での負担が大きいことがネックでした。

 

しかも、半年や1年で注入したヒアルロン酸も減っていくため定期的にヒアルロン酸注射が必要になるのです。

 

ヒアロディープパッチを使うとどのように変わるのでしょうか?

 

(2)ヒアルロン酸ニードルの役目

 

ヒアルロン酸注射はお肌の真皮層に直接注入することができ、お肌の厚みがある部位にも注入することが出来るところが大きな特徴です。

 

一方、ヒアロディープパッチはというと、同じヒアルロン酸を肌に注入するといっても真皮層ではなく、表皮にある角質層に直接届けます。

 

真皮層までは届かないということです。

 

しかし、表皮層にも角質細胞と角質細胞をつなげるセメントのような役割をもつセラミドという保湿成分が存在していますが、これも年齢により生産量が落ちてくるため、シワとなるのです。

 

ここで、同じ保湿成分であるヒアルロン酸をセラミドの代わり注入することでシワの解消につなげ、お肌の張りを取り戻そうということです。

 

これは、同じヒアルロン酸でもクリームでは分子が大きすぎるため角質層まで届けることはできません。

 

しかし、ヒアルロン酸ニードルはヒアルロン酸を200マイクロメートルという微細な針(ニードル)に成型することで角質層まで届けることに成功しているのです。

 

ただ、角質層に注入したヒアルロン酸も時間とともに減少するため、定期的な注入が必要になるのです。

 

 

ヒアルロン酸注射とヒアロディープパッチの費用対効果

 

ヒアルロン酸注射は美容整形となるため、1回の施術料は安いもので2万円程度必要で、平均すると4万円から5万円程度必要なようです。

 

ちなみに効果は、ヒアルロン酸の種類にもよりますが、一番短いもので6ヶ月程度となっています。

 

一方のヒアロディープパッチはというと、6ヶ月使う場合でも約2.2万程度です。

 

使い方も、週1回寝る前に貼るだけなのでだれにでも使いやすいところが大きなメリットですね。

 

もし、金銭的な余裕があり即効性を求めるのであればヒアルロン酸注射が一番良い方法だと思います。

 

しかし、金銭的な成約がある場合や、気軽に試してみたい場合、また、目の周りなどお肌が薄い場所を対象とする場合はヒアロディープパッチがおすすめです。

 

ヒアロディープパッチは公式サイトならお試し購入もでき、全額返金保証も用意されていますので一度公式サイトを確認してみて下さい。

 

>>> ヒアロディープパッチ公式サイトの確認はこちらから